足首の関節痛の予防と対策

人間は本来動物です。
ところが、文明が進み、科学技術が発達し、自然と隔絶した生活を送るにつれて、知らず知らずのうちに自分たちは動物ではない特別な存在だとうぬぼれるようになりました。

 

体臭を嫌い、身体を痛めつけてまで服装に気を遣い、無理をして生物から脱却しようとしています。
その結果、さまざまな病気、ケガ、精神まで病むようになりました。

 

例えば足、足裏全体をきちんと地面につけて、足指をしめつけない靴を履いて土の上を歩くなら、何万歩でも歩けます。
ところが、現代では、かかとの細い、高いハイヒール、狭い靴の中に無理矢理ぎゅうぎゅうに足を詰め込んで、アスファルトの硬い地面を歩けば、足首に負担がかかります。

 

都市部では土などどこを捜しても見当たりません。
やがて足は母趾や浮き指など不自然な形になり、足指の踏ん張る力が低下します。

 

足先が外方向へ流れ、足首が必要以上にねじれます。
足関節は慢性的な痛みを抱えるようになるのです。そしてこのねじれた歩き方で足関節を締めている靭帯が伸びて足首が緩みます。

 

このストレスは疲労を生み、足関節運動のし過ぎなどでも同じ、足首が緩むと歩行が不安定になり、体が歪みやすくなります。
女性はその不安定を首で補うので、自律神経失調症やうつ、パニック症など意外な病気に発展してしまう危険性もあります。

 

顔ばかり鏡に映して気にする事を止めて、たまには足下に視線を落とし、気遣ってあげましょう。
足首の関節痛の予防と対策を上げてみましょう。

 

足首の関節痛の予防1

足首に包帯を巻く、サポーターなどで足首を固定する物理的な方法。靴底にクッションになる中敷きを敷いておくと地面と足裏とがぶつ
かる際の足首の衝撃が緩和される。

 

足首の関節痛の予防2.

体重を適正に維持する。体重を増やすと、膝や足首の関節に負担になり、酷使すればするほど、高齢になったときに問題が生じる。

 

足首の関節痛の対策3.

足首関節に腫れや熱がある場合は氷などで冷やす。

 

足首の関節痛の対策4.

サプリメントで不足している栄養分を補う。オススメはタマゴサミン。関節痛の予防にも対策にも効果的。不足の栄養分を補給するため、全身に健康効果があり、副作用もない最も負担の少ない方法。グルコサミンやコンドロイチン、U型コラーゲンなどの優れた間接のクッション剤の成分が配合されている上、画期的な成分iHA=アイハが関節の再生を可能にし、ヒアルロン酸を補いながら、ヒアルロン酸の体内生成を助ける。

 

様子を見ても痛みがくり返されるようなら、放置せずに病院で診断をお願いましょう。