ヒザ関節痛を軽減させる姿勢と歩き方

ヒザ関節痛に悩む中高年の方は年々増加しています。
「年だから仕方ないよ。」そうでしょうか。ヒザ関節痛を軽減させる姿勢と歩き方、何かいい方法はないでしょうか?

 

ヒザ,関節痛,軽減,姿勢,歩き方

 

ヒザ関節痛は、姿勢や歩き方を工夫することで軽減できます。
運動や食事、睡眠などの生活習慣を改革することでまた活動的な毎日を取り戻しましょう。

 

正しい歩き方、悪い歩き方ってあるのでしょうか?モデルなどの職業なら意識するでしょうが、たいていの方は、日頃は他のことに気を取られています。
目的地への移動のために歩いているわけで、向こうに着いたらこれをしよう、あれをしよう、考えながらの歩きです。

 

靴の傷み方に特徴ある人は、歩き方にクセがあり、身体にもその負担をかけていることは想像に難くありません。

 

例えば左外側ばかり先にすり減るということは、そこに体重がかかっている、つまり歩行の際に体幹がずれているということです。
舗装されていない道路、例えば山道だと足をこねて転ぶきっかけになります。その不自然な力のかかり方がヒザ関節痛の原因かもしれません。

 

昭和の始めまで、多くの日本人の日常着は着物でした。
着物を着て、少し膝を曲げた姿勢で立ち、膝を曲げたまま歩きました。踏み出しの足も着地する足も、常に少し膝が曲がっています。

 

ヒザ関節痛を軽減させる姿勢と歩き方│アイハ成分配合のタマゴサミン

 

つまり、日常的に両足の膝が曲がっている状態でいたわけです。これを膝歩きといいます。
この歩き方のクセは、長年続くと膝に負担を与え、膝関節痛につながります

 

膝の痛みを抱えている、あるいはまだ膝の痛みはないが膝歩きだという方も、正しい歩き方を心がけ、習慣にしましょう。

 

あなたの長年の歩き方、姿勢の習慣は、膝に負担を与えていませんか?自分のクセを知り、本来の形に戻せば、膝の痛みは軽減します。
正しい歩き方や姿勢を意識して、早く膝の痛みから解放されましょう。

 

膝の痛みを軽減する姿勢・歩き方

アイタタタッ!膝の激痛は、歩き始め、第一歩の踏み出しのときが多いようです。
急な激しい動きは禁物です。踏み出しの第一歩や姿勢を変えるときはゆっくりと・・・を心がけましょう。

 

ヒザ,関節痛,軽減,姿勢,歩き方

 

膝の痛みを軽減する姿勢

カンタンです。まっすぐに立ち、座りましょう。背筋を伸ばし、あごをひき、目前の景色をまっすぐに見通すような姿勢で立ちます。
重心が前後左右にブレないように意識しましょう。すべての動作において不必要に身体をひねらない、歩くも座るもまっすぐが基本です。

 

膝の痛みを軽減する歩き方

気づけば、腿ではなく膝に力を入れ、足先で歩いていませんか?正しい歩き方は、股関節を使います。これを意識して歩いていると、初めは腿の裏が筋肉痛になります。
膝をあまり曲げずに、かかとから着地しましょう。自然に正しい歩き方になります。

 

着地する足は足先までまっすぐに伸びているので歩幅が広がります。
背中をしゃんとのばし、体幹を意識して、姿勢をまっすぐに・・・。正しい歩き方がクセになるようにしましょう。

 

階段の上り下り

階段を上るとき

段にのせる一歩は痛くない足からです。その次に、痛みのある足を同じ段に乗せます。
それを繰り返します。

 

階段を下りるとき

痛みのある足から一歩を踏み出し、次にもう片足を同じ段に下ろします。
それを繰り返します。

 

ヒザ関節痛を軽減させる姿勢と歩き方を心がける一方で、食事や睡眠、運動に気を配りましょう

 

体重の増加はヒザに大きな負担をかけます。
野菜や魚中心で、腹六分目、物足りないなあくらいで終わり、が適切な量です。
食事に気をつけている人でも、ビタミン、ミネラルなどは厚生労働省の推奨する栄養摂取量には達しません。
不足を補うにはサプリメントがお手軽です。

 

「ヒザ関節痛に効果あり」と、最近評判の『タマゴサミン』がオススメ。私も実際に試してみました。

 

ヒザ,関節痛,軽減,姿勢,歩き方

 

N-アセチルグルコサミン、U型コラーゲン、iHAアイハ(卵黄ペプチド)など、厳選された成分は他の関節痛対策サプリメントと比較しても群を抜いて優れています。

 

卵、かに、エビのアレルギーがなければ、飲用可能。
今、ちょうど初回半額キャンペーン中。1ヶ月1847円です。

 

安価ながら確実に軟骨を修復する信頼できるサプリメントと口コミでも人気の商品です。
ご自身の体質に効果的かどうか、お試しのチャンスですよ。