関節痛に効果のあるサプリメント

人の健康の源は、食事に睡眠です。
普段を顧みて、食事にはどんな気を遣っているでしょうか?
必要な栄養分は摂取できているでしょうか?なかなか難しいですよね。

 

例えば厚生労働省で推奨される1日分の理想的な野菜の摂取量、かごに山盛りです。
毎日摂るのは難しいでしょう。
では、魚は・・・?魚も、肉も、果物も・・・です。

 

その上、体の受け入れ状態、栄養分の吸収率もあります。
つまり、消化器官が弱ければ、どんなに食べても吸収率が悪く、排泄されてしまう危険性があるということです。

 

そこで不足が常態化しているビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養分はサプリメントで補おうということになります。
サプリメントは、食品そのままより栄養分の吸収率を上げるように加工してあり、健康維持の強い味方です。

 

基本的には食品で、医薬品と違って副作用もなく、肝臓などへの負担も少ないので、食品アレルギーの人だけ成分に気をつければいいわけです。

 

最近、関節痛に効果のあるサプリメントが気になり始めました。
テレビCMで、毎日グルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸と繰り返されれば、耳に残り、意識してしまいます。
日頃、バランスの取れた食事をきちんと摂っていない、不規則な生活で睡眠も不足気味・・・、と、後ろめたさも手伝って、何かこの漠然とした不安を払拭してくれる手軽な方法はないかと捜しているところへ、「痛みを感じ始めてからでは遅い。

 

関節痛に効果のある成分は○○、このサプリメントさえ飲めば、活き活き生活間違いなし」と、立て板に水で力強く言われると、ついフラフラッと申し込んでしまう人の気持ちがわかります。

 

しかし、待って下さい。

 

その成分が確かに関節痛に効果があるのでしょうか?数あるサプリメント、よく確かめもせず、それを選んで良いのですか?

 

関節痛に効果のあるサプリメントはいろいろです。ライフスタイルや体質もそれぞれあります。
いろいろ試してみましょう。

 

タマゴサミンというサプリメントがあります。
原材料にはN-アセチルグルコサミン、コンドロイチン、U型コラーゲンなどが配合されています。

 

よく聞くグルコサミン、タマゴサミンではN-アセチルグルコサミンと書かれています。
これは、加工してより吸収しやすい形にしたグルコサミンで中高年の胃腸に負担をかけない配慮です。

 

そしてU型コラーゲン。コラーゲンは全身にあり、役割によって型がありますが、T型コラーゲンは骨や皮膚に多く含まれ、U型コラーゲンは目の角膜や硝子体、身体の関節、軟骨など多く含まれます。

 

一見どのサプリも同じ成分が配合されているようでも、タマゴサミンは成分の一つ一つが厳選され、効率よく吸収されるよう気配りがあります。

 

そしてプラス、タマゴサミンの画期的な成分がiHA(アイハ)です。

 

iHAとは、卵黄ペプチドで、タマゴサミンの生みの親ファーマフーズが長年かけて世界で初めて卵から抽出した成分です。

 

再生能力を高める働きで関節機能をよみがえらせます。
関節部分の軟骨成分を再生し、コラーゲン、ヒアルロン酸の生成を維持する働きは他に類を見ない成果を生んでいます。

 

いかがですか?どれも同じではありません。

 

派手な宣伝やパフォーマンス販売ではなく、その優れた製品の力で体験者を確実に納得させ、リピートさせるサプリメントを選びましょう。