この記事は2018年1月に更新しました

半月板損傷とリウマチを併発!助けてくれたのはトレーニングとiHAでした

学生時代には運動が好きで色々こなしていましたが、足などは特に骨も筋肉もある方で体格が良い方でした。

 

大人になり、運動量も減るので体重はやはり増え、運動してきたこともあり、後々色々な関節痛が増えてきました。

 

良く歩く事はしていましたが、ヒールを履く事で外反母趾を痛めてからはスニーカーが主に履く事が常時です。
が、捻挫、膝の半月板損傷などの後遺症などでは具合悪くなる事もあります。

 

上半身に関しては、デスクワークなどで肩こり、眼精疲労、腱鞘炎などで辛く、片足を組む癖や同じ片肩から鞄を掛けることから体のゆがみも出て坐骨や股関節などにも関節痛が起こり出しました。

 

 

マッサージやカイロなど行きましたが、効果はあまり感じられず、結局筋肉トレーニングや、ストレッチなどとやはり代謝をよくする軽い運動(ウオーキング)を自分することが大切とわかりました。

 

半月板などを痛めた時、全部取り除くとダメなので痛んだ箇所はそのままですが、筋肉トレーニングを始めて知り、自宅でもゴムチューブやクッションを挟んで上げ下げするなどの簡単な負荷を毎日続けることで関節を守ることができ、関節痛を避けることができることを確信しました。

 

私の場合はアシックスのスニーカー、パンプスなどは本当に重宝しています。随分助かってきました。

 

半月板損傷とリウマチを併発!助けてくれたのはトレーニングとiHA

 

現在私はリウマチにかかってしましましたが、早くの治療のおかげで変形することなく維持できています。
しかし、リウマチは見た目と違い、湿気や気圧など季節の変わり目など大変関節痛や、浮腫みに悩まされています。

 

昔痛めたところは特に具合が悪く、その上にリウマチは両手、両足其々の関節の部位に均等に関節痛やだるい重さやこわばりがやってきます。
足首にきた時はそれ以降はずっと固まったような違和感が残り、水分を取る夏には浮腫みが本当に大変な状態になってしまい、毎年怖くなります。

 

このような状態でトレーニングや筋トレが本当に辛くてだるくてできない時は諦めて待つしかありません。
グルコサミンなどのサプリメントも試してみましたが、効果はないように思いました。骨はカルシュウムと太陽にあたり、適度な運動と後は関節の軟骨さえ補うことができればが願いでした。

 

タマゴサミンに含まれているiHAなら軟骨細胞増加とヒアルロン酸水分調節可能なので安心ということが経験上大変納得のいく結論です。

 

半月板損傷,リウマチ,トレーニング

 

軟骨細胞増加にはタマゴサミンがおすすめ

 

軟骨細胞を増加するにはiHA成分が入っているサプリを選ぶことをおすすめします。

 

その中でもiHA成分を含むサプリとして代表格なのがタマゴサミンです。

 

 

 

どうやらこのiHA(アイハ)という成分は卵の殻に多く含まれており、この成分が腰痛を緩和するのだとか。

 

タマゴサミンは医薬品ではありませんので、副作用の心配もなく気軽に試すことが出来るのが嬉しいですね。

 

 

 

タマゴサミンを飲むようになってから、そこまで時間もかからずリウマチの痛みが和らぎました。
日々のトレーニング効果もあると思いますが、タマゴサミンを飲んでいなかったらリウマチが改善するまでもっと時間がかかっていたと思います。

 

私のように半月板の痛みやリウマチに悩んでいる方はタマゴサミンを試してみることをオススメします。

 

タマゴサミン,成分,iHA,アイハ


▼初回購入限定!半額キャンペーン中▼

膝,痛み,タマゴサミン