デスクワークが骨盤のゆがみの原因に?

私は昔から姿勢が悪く、デスクワークをしていることもあって、肩や首のコリはもちろん腰痛にも悩まされていました。
ひどいときは身体の痛み・不調で座っていることも辛くなり、集中して仕事ができないほどでした。

 

デスクワーク,骨盤,ゆがみ

 

そんなときに通っていた担当の整体師の方からのアドバイスをもとに行っている、痛みを解消する方法をご紹介します。

 

まず、身体のコリや痛みなどの不調は全て骨盤の歪みからきています。
整体で歪みを矯正してもらうことが大切なのはもちろん、日頃から歪みが出ないよう意識するのが最重要です。

 

脚を組んだり、肘を立てるような歪む原因になることはできるだけ避けましょう。

 

そして、姿勢が悪く、座ったときについ骨盤を寝かせて猫背になってしまう方は骨盤を立てるということを意識して座ることを心がけてください。
骨盤を立てると自然と肩の丸まりも良くなると思います。

 

日頃からこのように意識していないと、いくら定期的に整体に通っても改善されることはありません。
日々の努力が大事です。

 

また、私は朝起きたときの腰の痛みにも悩んでいました。
そんなときは布団と腰の間にクッションやタオルを敷いて寝ると改善されます。
そうすることで寝ているときも本来の背骨のS字カーブが保たれるので、痛みが良くなります。

 

 

軟骨細胞増加にはタマゴサミンがおすすめ

 

正しい姿勢で座ることも大切ですが、私が行った腰痛対策はiHA成分が入っているサプリを飲むことです。

 

iHA成分を含むサプリとして代表格なのがタマゴサミンという商品。

 

 

 

タマゴサミンに含まれているiHA(アイハ)という成分は卵の殻に多く含まれており、この成分が腰痛を緩和するのだとか。

 

 

 

私の場合、タマゴサミンを飲みながら普段の姿勢を正すことで2ヶ月ほどで腰の痛みが和らぎました。
正しい姿勢の効果もあると思いますが、タマゴサミンを飲んでいなかったら腰痛改善するまでもっと時間がかかっていたと思います。

 

私のように腰の痛みに悩んでいる方はタマゴサミンを試してみることをオススメします。

 

足を組むのはとても危険!腰軟骨すり減りの原因に?

腰痛持ちの25歳女です。
大学生の時に尾てい骨痛とともに腰痛も発症しました。

 

医者に診てもらったのですが、原因は腰の軟骨のすり減り

 

デスクワーク,骨盤,ゆがみ

 

改善方法は「腹筋と背筋をつけること」。大学生にして整形外科のリハビリルームで地域のおじいちゃんおばあちゃんとストレッチ器具で腰を伸ばしてもらったりして大変恥ずかしいような何とも言えない気持ちを感じたことを覚えています。
それ以来腹筋をつけようといろいろためしてみるものの、腰が痛く体がうまく起こせないんですよね。

 

仕方なく腰痛ストレッチ(病院にて配布されたパンフレット)を見てやったりするのですが即効せいはなく、しかしながら悪化もしない現状でした。

 

腰が日によって痛くなることもあれば、歩くときに電気のような痛みが一瞬走ることもあり大変不便を感じていたのですが、最近はそれがほとんどなくなりました。

 

腰の痛みの原因は人によってさまざまだとは思うのですが、わたしの場合は姿勢が悪いせいで筋肉が働かず骨にそのまま上半身の体重を支えてもらっている状態。

 

ということは姿勢を治せばいいのでは?と思いひとまず癖のあった足を組むという行為をやめました。たったこれだけなのですがなんと歩行時に時々電気が体に走るような痛みが全くと言っていいほどなくなりました。
試しに足をくんだりするとその日のうちにその痛みが復活してしまうので、「足を組む」行為をやめてしまえば私の場合は余計な痛みを発生させなくなるようで。

 

デスクワークが骨盤のゆがみの原因に!正しい姿勢と腰痛改善方法

 

あとは腹筋を!と思い、腰痛持ちでも簡単に腹筋ができる腹筋マシンを購入しました。
お値段は7000円ほど。これなら腹筋時に腰が痛くなりません。基礎筋力がないのでこのマシンで徐々に筋肉をつけていき、同時に姿勢も直していこうと思います。

 

もちろん腰痛ストレッチも毎日続けていこうと思います。

 

腰痛は結構単純なところからくるのかもしれませんね。腰痛のあるかたで足を組む癖がある人がいればまずその癖を辞めてみてはいかがでしょうか?